News


Doug Coombs

すでに各方面でアナウンスされているので、ご存じの方も多いかもしれません。

アラスカ・ヴァルディーズのパイオニアDoug Coombsが去る4月3日亡くなりました。

AMGAのレポートによると、ラ・グラーブの”Le Polichinelle”と呼ばれるクーロワールで、崖から落ちた友人の様子を確かめようとして、本人も落ちてしまったとのことです。

 

彼は数えきれない程の斜面を開拓し、ガイドとして僕たちに挑戦する場を与えてくれました。

スキー、スノーボードの可能性が飛躍的に拡がったことは言うまでもありません。

 

感謝の気持ちと共に、ご冥福をお祈りします。


謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

”笑う門には福来たる”

 

良いシーズンになりそうです。

この秋の新作にご期待下さい。

 


「佐々木明の流儀2」+「immer locker」 完成記念上映会

以前、この”news”でもお知らせした佐々木明君の作品が完成しました。

11月1日に代官山Ball Roomで完成記念試写会が開催されます。

 

 18:30    開場

 19:00 ”佐々木明の流儀 2” 上映

 20:00 ”immer locker” 上映

 

当日は明君も登場の予定。

W-CUPの映像を観ながら先シーズンの戦いを振り返るドキュメンタリータッチの本編は、アルペンレーサーでなくても興味深い内容です。

エビス・フィルムズが参加したのは、”immer locker”という12分程度のExtra Movieで、明君の”素”な部分が出せたと思います。

もちろん全編16mmフィルムで撮影し、iconシリーズでおなじみの”無舞”と”silas”の曲を合わせました。

出演は 佐々木明、佐々木大輔、石橋仁。 面白そうじゃないですか?

 

 


Fall Line

今年もFall Lineが発売になりました。

 

巻末20ページを割いた”FLOW MOTION”は圧巻です。

エビス・フィルムズが参加させてもらった現場の記事もいくつか掲載されています。

“富良野岳北面の一日” 、”ALL ROUND STYLE -大輔・吾郎・雄太-“、”SUMMIT 2005 Fire on the mountain””

映像は来秋までお待ち下さい。

ついでという訳ではないですが、今期作品をリリースしない言い訳コラムのスペースも頂きました。

 

気の抜けない、濃い一冊です。

 


とはいうものの

“icon”シリーズの新作リリースはありませんが、スキージャーナル社から10月上旬発売予定のDVD “佐々木明の流儀 2″に収録される10分程度のフリーライディングパートを現在編集中です。もちろん撮影も行いました。
トリノ出場を早々と決めたアルペン・レーサー佐々木明君の作品で、撮影は3月終りに大雪、富良野あたりで。
彼の他に、佐々木大輔、石橋仁も登場します。

 

明・大輔の”佐々木組”のバカっぷりと相変わらず渋い石橋仁の滑りにご期待下さい。

また、久しぶりに無舞の曲を使用させてもらうことになり、僕としても非常に楽しみです。

 

詳細につきましては、また後日。